-

ペットショップで時々、熱帯魚を袋詰めにして販売していることがあります。 あれは、見ているとちょっと可哀想な気がします。 特にそんな扱いを受けることが多いのは、アカヒレやベタではないでしょうか。 アカヒレは、コップに入れられて、”コップで飼える魚、コッピー”という名前で販売されていたのを見たこともあります。 おそらく魚自体が適応出来る水温が幅広いため、ヒーターを入れなくても大丈夫というところから、そんな扱いを受けているのかも知れません。 ベタが袋詰めされて売られているのは、おそらくベタが闘魚であることからくるのではないでしょうか。 店頭用の狭い水槽で他の魚と混泳させると、ベタは、他の魚が死ぬまで攻撃を続けてしまう可能性があるし、ましてやベタのオス同士などは、最悪の組み合わせだからです。 だからといっても、あの扱いは可哀想です。 そんな可哀想なベタをお店で見かけて購入したことがあるのですが、今は我が家の水草水槽で一匹、優雅にひらひらと泳いでとても綺麗です。